パタヤでレバノン人観光客が深夜にタイ人男性2人と口論中に刺される

パタヤ

昨晩2018年10月27日未明、パタヤのファミリーマート前で、タイ人男性2人と口論になり、左脇腹を刺されたレバノン人観光客のモハメド・エル・ワッツィさん(29歳)が、2018年10月27日午前2時30分頃、パタヤのファミリーマート前で、左脇腹を刺されました。

大量に飲んでいたと思われるワッツィさんは、治療のために地元の病院に運ばれた。ナイフの傷は幸いにも彼に実質的な長期的なダメージを与えることは避けられた。

目撃者の証言によると ワッツィ氏は ファミリーマートで買い物をしていてタイ人男性2人と口論になりました酔って外でバイクをひっくり返したと言って怒鳴りながら ファミリーマートに入ってきたタイ人男性が 英語で謝罪を要求したが ワズィー氏はそれを拒否したとのことです。

 ワズィー氏が店を出ると、タイ人男性は再び謝罪を要求し、ワズィー氏がこれを拒否すると、二人は肉体関係で口論になったという。目撃者によると、タイ人男性よりもはるかに体格の良いワッツィー氏は、タイ人男性2人を制圧し始めたという。この時点で、タイ人男性の一人がナイフを取り出して彼を刺し、二人はバイクで逃走した。

ワッツィ氏は、意識が朦朧とし、酩酊しており、支離滅裂な状態で、事件当時の自分の体験談を話すことができませんでした。警察は本日、病院で回復した後、CCTVを見直し、ワッツィ氏と話をする予定です。

パタヤニュースでは、このニュースについての最新情報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)