水上市場近くの住民、村への市場浸水に市当局に苦情

パタヤ

パタヤの人気観光スポットである水上マーケットの裏手にあるムー4にある小さな村の住民は、水上マーケットの湖や川が自分達の敷地に直接排水されているために、常に洪水が発生し、家に被害が出ていると市政府に苦情を訴えています。 彼らは、以前に水上マーケットの所有者と話をしようとしたが、マーケットは彼らの苦情や懸念に耳を傾けることを拒否したので、市に助けを求めたと述べています。住民は、合計で約50人で、これは長期間続いていると述べています。

ロナウィット・エッカチョン副市長は2018年10月22日午後、地元住民、警察、浮動市場管理者、報道関係者とともに、浮動市場周辺の村やエリアを視察した。

市場から排水された水によって50軒近くの家屋が被害を受け、いくつかの道路が大きな被害を受けています。このことは、報道陣だけでなく、副市長とその職員によっても観測された。

副市長によると、この問題を解決するために、市場管理者が費用を負担して、水上マーケットの前にすぐに5台の給水ポンプを設置する予定だという。また、ポンプが設置された後は、住民と副市長が観光地の管理者と再度会談し、問題が適切に解決されることを確認します。

すでに村人の家に被害が出ていることに対して、水上マーケットが村人に何か補償をするのかどうかは明らかではなかった。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)