炎上中 カオカオカオオープンズーの園長、象のショーに対する海外メディアの反発に「外国人は象を理解していない」と発言

パタヤ

カオカオカオオープン動物園のアパポーン・スリヘラン園長は、パタヤの報道機関や地元の報道機関に対し、同動物園でのゾウのショーについて、イギリスやアメリカの海外の報道機関や動物愛護団体からの苦情や批判が増えていることを受け、「外国人はゾウを理解していない」と述べたという。また、苦情を言う人の大半はタイを訪れたことがなく、タイ人に自国の行動を指示すべきではないとの見解を示した。

パタヤのトップ観光地の一つであり、毎日何千人もの観光客が訪れる動物園は、象のショーは観光客や学生のための教育的なものであり、それを止めるつもりはないと述べています。これには水上ショーが含まれており、水の中で後ろ足をついたゾウがプールの周りを移動しながら水中からゾウを見ることができるデッキがあります。このショーは、間違いなくこの動物園で最も人気のあるアトラクションです。

英国の大衆紙デイリーメールでは、ショーの終了を求める声が上がっていました。世界中の動物愛好家から回答を得たCare2の請願書もまた、ショーの中止を求めた。イギリスのニュースメディアによると、活動家たちは、マハウトが餌の誘惑で象に不自然な行動を強要しているため、ショーの中止を望んでいるという。

参加する9頭の象の主役「パン・セン・ダオ」が出演するこのショーは、通常のエサやりの時間帯に1日2~3回行われ、5年前から続いている。

水深4メートルの水槽の中でのショーは、1回のショーが約10分から15分続きます。長さ30メートルの水中観覧エリアを介して何百人もの観光客や学生が見ています。

マハウト(または象を扱う人)は、これは象の自然な行動であると関連報道陣に語った。ゾウは野生の象と同じように、体幹で呼吸をし、後ろ足で立っている。

ゾウはショーのために進んで水の中に入っていくそうです。

アパポーン館長は、観光客や学生が水中での象の行動について学ぶことは教育的だと述べ、同意した。観客は水中での象の行動を見ることができます。

彼によると、マホウトがゾウの首の上に乗るという習慣は2年前に終わり、水槽の端のあたりで餌を約束してゾウを励ますハンドラーに取って代わられたという。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)