更新情報:地元パタヤエリアの外国人宅に9件の強盗が入った。

パタヤ

2018年9月16日(日)、警察は、パタヤ市内の様々な住宅で起きた一連の強盗事件への関与の疑いで、以前に一緒に刑務所に入っている間に兄弟愛を誓ったと報じられた2人の容疑者を逮捕しました。

ムアンパタヤ管区管区長のアピチャイ・クロペッチ大佐はアピチャイ・クロペッチ大佐は警官のチームを率いて二人の容疑者を逮捕しました - カンペーンペーンペッチ県出身のタナラート・センジャムルン(25歳)とチョンブリ県出身のイットシチャイ・クラジャン(22歳)です。彼らのヤマハFinoのオートバイはまた、日曜日の正午に押収された。

2人は人の家に侵入して貴重品を奪ったとして告発された。このような最新の事件は2018年8月7日、韓国人男性の朴文サブさん(29歳)が借りていた家で起きた。強盗犯は5万バーツ相当の貴重品が入った金庫を持って逃走したと報じられている。

この二人はパタヤエリアの地元の村では、住民に家に鍵をかけるように警告する横断幕を掲げていました。

警察の捜査では、CCTVの映像から2人の男性容疑者が赤いナンバープレートのバイクで逃走したことが確認されました。二人はソイ・ノン・ヤイ8の借家に辿り着きました。逮捕後、2人は犯罪を自供し、犯罪のパートナーとなり、服役中に兄弟愛の誓いを立てたと報告されています。

過去の強盗事件で4月に釈放された後、パタヤ市で外国人が借りている家で強盗を共謀していました。

2人は9軒の家に強盗に入り、得た悪銭を外出やギャンブルに使っていたという。

編集部注:この2人は、以前の記事で掲載した、スクサバイ・ヴィラ地区で強盗をしていた人物ではありません、アレックス・スウェンソン氏が確認しています。スウェンソン氏は、その人物の逮捕につながる情報に対して、20,000バーツの報奨金を提供し続けています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)