飲酒運転の自動車運転手がバイクでタイ人女性をはね、ソイ6で走ろうとする。

今朝2018年8月26日午前5時、19歳のシュリーポーン・ブーンソンさんは、仕事帰りに車で帰宅していたところ、第二道路で酒気帯び運転の運転手がバイクに高速で突っ込み、足を骨折して負傷した。

  ブンソンさんはヘルメットをかぶっていて酒を飲んでいなかったため、通りの向こう側に走ってきた目撃者に助けられました。彼女がヘルメットをかぶっていなかったら、彼女の怪我はもっと深刻だったかもしれないと救助者は述べています。

  車の運転手はグレーの三菱で、32歳のアリサ・クランプライさん。しかし、Klangpraiさんは酔っ払っていたため、ソイの端近くで事故を起こし、当局が到着する前に車を動かすことができませんでした。

  ありささんは警察に協力的ではなく、重度の酩酊状態で、歩くのがやっとの状態でした。彼女は警察に暴言を吐いて、「自分が怪我をさせた女の子や周辺の人のことは気にしていない」と言っていましたが、警察はかなり気にしていて逮捕しました。警察は、しかし、かなり気にして、彼女を逮捕しました。彼女はひき逃げ、器物損壊、酩酊状態での運転など複数の罪で起訴されます。彼女は月曜日の午前中に裁判所に連れて行かれるまで、週末のための拘置所で開催されます。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)