誠実なタイのタクシー運転手は、忘れっぽい中国人観光客に3万バーツのバッグを返す。

パタヤ

最近のニュースでは、正直なタクシー運転手が忘れ物をした観光客に荷物を返すという話が何度か出ています。今日もまた、正直な運転手が絡んだ事件が起きました。

中国人観光客のミンキン・チェンさん(45歳)は、地元の観光地を訪れて急いでいたところ、様々な通貨の合計3万バーツ、パスポート、全てのクレジットカード、ホテルの鍵を入れたカバンをタクシーの後ろに置き去りにしてしまった。タクシーの運転手である60歳のJumpol Sariya氏は、陳氏を観光地に連れて行くのを終え、他の2人の乗客を拾って、Sariya氏の注意にバッグを持ってきていた。

沙里谷さんは観光地に戻ったが、陳さんの姿は見当たらなかった。彼は地元の警察署に行き、陳氏の居場所を探してもらいました。地元の観光警察は無事に陳さんの居場所を突き止め、警察署で再会した。感情的で感謝している陳さんは運転手に2000バーツと宝石類をプレゼントした。

一日の終わりには笑顔が溢れていました。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)