タイがワークパーミットを変更しました。就労許可証があれば、いつでもどこでも許可された仕事に就くことができます。

文章提供:プーケットニュース

以前は、働くために労働許可証を取得する必要があった外国人は、労働許可証に詳細が記載されておらず、したがって労働許可証自体に許可されていない場合には、どのような雇用主のために、どこでも、どのような条件でも、どのような仕事をすることも禁止されていました。 例えば、マネージャーとして工場を経営するために労働許可証を持っていた場合、また、新しい労働許可証を持っていないと別の工場に変更して、全体の(高価な)プロセスをもう一度やり直したり、youtubeの動画をオンラインで公開して、同様にお金を稼ぐことはできませんでした、などなど。

もはやそれは、そのようなことではありません。

昨年までタイでは、外国人労働者法(2008年)(以下「法」)に基づき、外国人の就労許可を規制していました。

2017年、非タイ人の就労管理に関する緊急政令(2017年)(以下、政令第1号)は、外国人労働者法(2008年)を廃止した。

しかし、政令第1号は、廃止された法律の規定の多くを取り入れ、その下で発行された規制のほとんどを施行した。

そして、2018年3月27日、非タイ人の就労管理に関する緊急政令(第2号)(2018年)(以下「政令第2号」という。令第2号は、令第1号を改正したものである。

令第 1 号(及び法)第 70 条は、「労働の許可を受けた者は、第 71 条の許可が得られない限り、使用者との間で、使用者との間で、地域において、又は労働許可証に記載されている労働条件とは異なる種類の労働を行ってはならない」と規定している。

令第1号(及び法)第71条は、「労働の許可を受けた者が、次の事項を変更し、又は追加しようとするときは、登記官の許可を受けなければならない」と規定しています。(1) 仕事の種類 (2) 使用者 (3) 場所または (4) 労働条件"

そして、政令第1号(及び法)第73条は、"何人も、外国人が労働許可証に定められた要件と異なる方法で労働することを許可してはならない "と規定しています。

しかし、非常に重要なことに、令第2条第37項は令第1条第70項、第71項、第73項を廃止しました。

さらに、政令第2号の第28条では、労働許可証所持者は、外国人に対して禁止されている労働の「公式リスト」に記載されているすべての外国人に対して特に禁止されていない労働に従事することができると規定されている。

このオフィシャルリストは、外国人がいかなる場合でも就労許可を受けることができない活動を限定したもので、その概要が記載されています。(現在のオフィシャルリストは、前回の法の下で発行されたものと同じです。このシリーズの第3回では、その内容をご紹介します。)

その結果、タイで労働許可証を持っている外国人は、どこでも、誰でも(自分自身を含む)、どんな条件でも、どんな種類の仕事でも、公式リストで除外されていない仕事をすることができるようになりました。

これは、タイの外国人労働法制に対する非常に重要であり、歓迎すべき変更である。

タイの労働許可証所持者にとっては明らかに良いニュースであり、タイはまた、増え続けるグローバル化した経済の中で競争するために必要な最高の外国人労働者にとって、労働市場をより魅力的なものにしたことからも利益を得ることができるだろう。

詳細は https://www.thephuketnews.com/phuket-law-royal-decree-blows-work-permits-wide-open-68051.php#0ukr0wlsRI6tIoQk.99 を参照してください。

送信
ユーザーレビュー
3 (1 投票)