バドミントンUber Cup World Finalに進出したタイ、中国を揺さぶる

バンコク

ホスト国のタイは5月25日(金)、ディフェンディングチャンピオンの中国に3-2の衝撃を与え、バドミントンのウーバーカップ決勝に初進出した。

もう一つの準決勝では、トップシードの日本が韓国を3-1で破り、ダブルスの松友美沙紀、高橋彩花がタイトルを獲得した。

タイと中国は、シングルス2回戦でホスト国が最初の2本を奪い、ダブルスでは14度の優勝経験を持つ王者が勝利するという大激戦を繰り広げました。

しかし、ファンの熱狂的なファンの声援を受けて、第3シングルスでは、2012年のオリンピックチャンピオンであり、最近怪我で休養していた李秀瑞選手を21-11, 21-9で破りました。

中国が決勝進出を果たせなかったのは、1984年の大会参加以来、初めてのことだった。

世界2位の山口茜は韓国のソン・ジヒョンに21-10, 21-13で勝利し、奥原希はイ・ジャンミを21-9, 21-15で下し、日本は好スタートを切った。

韓国は第1ダブルスで1-1の同点に追いついたが、松友と高橋が21-11、17-21、21-14で勝利し、決定戦に進出した。

9位の奥原は、バンコク北部のノンタブリで開催されている今年2年に1度のユーバーカップでまだ負けていない。

"先輩たちが自分のベストを出すように励ましてくれたので、自分のバドミントンをすることだけを考えていました」と後に記者団に語った。

"明日は誰と対戦するにしても 厳しい戦いになると思う"

タイのスター、ラチャノック・インタノンがシングルス1回戦で、15-21, 21-9, 21-14で中国のチェン・ユーフェイに勝利しました。

観客から「タイ!タイ!」の声があがる中、スマッシュを連打して2連勝を飾った。タイ!タイ!」の声が上がる中、スマッシュを連打し、初戦を2連敗した後の復活を果たした。

"どのポイントも重要で、特に最終ラウンドでは重要だったので、少し興奮していました "と彼女はその後、記者団に語った。

"応援に来てくれるタイのスポーツファンに感謝している"

タイは第1ダブルスで敗れたが、ニチャオン・ジンダポルが1時間31分のスリリングな試合でガオ・ファンジーを破り、セットダウンからの巻き返しを果たし、観客を沸かせた。

第2セットで13-11のダウンを喫した時のフロアからのスクープが目立ったことで、ホームの好守備陣のカムバック勝利に火がついた。

しかし、黄雅瓊と唐金華は、第2ダブルスを1時間38分でプッティタ・スパジラクルとサプシリー・タエラッタナーチャイを破り、中国に命綱を与えました。

同大会は男子トーマスカップと並行して開催されており、中国、日本、インドネシア、デンマークはいずれも前に進みたいと考えている。

デンマークは王者に返り咲いているが、中国は2年前にホームグラウンドで失ったタイトルを取り戻すために、オールスター選手のキャストを投入している。

オリンピックチャンピオンの陳龍選手に、今年のオールイングランドチャンピオンの石玉輝選手、そして彼が決勝戦で制覇した選手、リン・ダン選手が加わりました。

タイは今日の決勝で日本と対戦し、バドミントンワールドカップ初出場となりますが、タイの精神は彼らと共にあります。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)