観光客がジョムティエンのゴーゴーバーで暴行を受けたと主張、スタッフは未払い金を巡って血みどろの喧嘩になって正当防衛を主張した。

ジョムティエン

 

チェコ共和国の観光客が、ジョムティエン近くのプラタムナック通りにあるバー「We are No.1 A Go Go」での事件の後、両頬に血まみれの傷を負ったままになっていた。

救助隊員がロバート・ネガス38歳を発見しましたバーの中で血まみれになっていました

マネージャーのアヌワット・バンカート(Anuwat Bunkert)氏(39)は、4人の観光客が酒を飲んでいて、閉店時間になると1380円の請求書の支払いを拒否したと述べた。彼は、彼らには請求書を払わない理由はなく、単に自分たちの経験を楽しんでいないので払いたくなかったと述べたと述べた。

この時点で、スタッフは観光客の退出を止めようとしたと述べ、警察に助けを求めるために警察署にスタッフを送ったという。

しかし、Khun Bunkert氏によると、警察が到着する前に逃げようとして出口を塞いでいた職員にネガス氏が襲いかかり、職員はネガス氏を灰皿で殴って身を守ったとのことです。その後、他のスタッフの言葉を借りれば、襲われたスタッフをかばうようにして銃撃戦が繰り広げられました。ネガス氏と一緒にいた他の観光客は酔っぱらっていたが、請求書はネガス氏の責任であり、彼らは公式には関与しておらず、乱闘にも参加していないと述べている。

被害者は縫合のためパタヤ記念館に運ばれました。彼は警察からの多くの質問に答えることができず、非常に、非常に無礼な態度をとっていたと述べられており、また、酒の影響下で重度の飲酒をしており、目撃者によると、ほとんど話すことも歩くこともできませんでした。

パタヤ警察は報道陣に対し、ネガさんが退院してしらふになるまで待ってから真相を究明すると話しています。ネガさんの入院費の請求が解決したのか、誰が責任を負うのかは不明です。また、誰が最初に殴ったのかを確認するためにCCTVを検査するという。

しかし、襲撃の翌日、ゴーゴーはドアに臨時休業の張り紙をして閉店したままです。このゴーゴーはパタヤで最も古く、ジョムティエンにある唯一の現存するゴーゴーゴーです。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)