2011年の原発事故後、タイが世界で初めて福島の魚を獲得

バンコクのシーフードレストランでは、放射能を含まないと記載された魚が販売されています。

タイ

タイは、2011年3月に発生した原発事故による津波で汚染された福島県から鮮魚の出荷を受けた最初の国である。

水曜日(2月28日)、タイに新鮮なカレイ110キロの出荷があったと時事通信が報じた。

この魚は、先週金曜日にバンコクの日本食レストラン12店舗で寿司や刺身料理で提供される予定でした。さらなる出荷は、バンコクの寿司店や日本食レストランで販売される予定です。

"本県から世界に向けて魚を販売できることに喜びを感じている "と、相馬市の漁業協同組合連合会の立谷寛治組合長は引用されていました。"安全な魚を出荷する」と付け加えた。

福島ではカレイが主食の魚で、原発事故前は高値で取引されていたと朝日新聞は報じている。

2011年、マグニチュード9の地震が日本を襲った後、東京電力福島原発の3基の原子炉がメルトダウンし、日本の北東部の海岸線を荒廃させた津波を引き起こした。15,000人以上が死亡した。

 メルトダウンで放射性物質をまき散らす爆発が起き、約16万人が避難した。

日本は震災後、一部の農水産物の輸出停止を余儀なくされた。

福島の漁師たちは2012年6月に試験的に仕事に復帰した。日本の関係者によると、2015年4月以降、日本の安全基準を超える放射線量の魚介類は見つかっていなかった。

県漁協は昨年(2017年)3月、自主漁獲禁止区域を原発から半径20kmから10kmに半減させたと時事通信が報じている。

パタヤのニュースでは、今のところ魚はパスしています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)