パタヤのバリハイ桟橋でアメリカ人観光客が感電死した。

パタヤのバリハイ桟橋でアメリカ人観光客が感電死

バリハイ桟橋にある金属製のポールにもたれかかったアメリカ人観光客が感電死するという異常な事故が発生しました。

アンドレイ・ベソノフさん(47歳)は、パタヤで休暇を過ごしていた時に、隣の島であるラーン島にボートで移動していました。

一行は桟橋に戻り、アンドレイさんは午後7時半頃、金属製のポールにもたれかかる前に、リゾートのバリハイ桟橋のテントの下に避難した。 緩んだ配線が露出していたと思われるポールに触れたベソノフ氏は、大勢の観光客の前で感電死した。

救急隊員が到着し、唖然とする数十人の観光客の前で心肺蘇生を行ったが、ウクライナ出身だが現在はアメリカ国籍を持つアンドレイさんは、この痛ましい事故で後に地元の病院で死亡を宣告された。

目撃者のタナワット・ケンコーンさんは報道陣にこう述べています。"男性はボートに乗っていて、ちょうどポールに向かって立っていたところで、床に落ちて体が痙攣した。誰も何が起こったのか、何をすべきなのかわからなかった。救急隊員は、電気が漏れて電柱に触れたと言った。

彼女はさらに言った。

"それは悲しいことだ。彼はある分だけ生きていて、休日を過ごしていたのに、今はいなくなってしまった。"ポールに触れたのは誰でもよかったのかもしれない"

救急隊員は、事故の原因を調査しながら観光客を保護するために、事故が起きた桟橋のセクションを閉鎖し、電気の供給をカットしました。

サワン・ボリボーンの救助グループは、一般のメンバーに再公開する前に、その地域が安全であることを確認するためにチェックしていると述べた。

パタヤ警察は本日、死亡を認識し、現在も捜査を進めていると発表した。

パタヤのニュースでは、人生は短いものであることを忘れないでください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)